縛られるのが嫌いな人の特徴や心理とは?束縛嫌いな男性は自由人なのか理由も調査!

縛られるのが嫌い,特徴, 心理

束縛する男性が多い中、男性自身は縛られるのが嫌いな人が多いようです。

自分は束縛しておいて、私には束縛するななんて勝手だわ

束縛られるのが嫌いな人の特徴や、心理を知ることで理解できる部分があるかもしれません。

束縛嫌いな男性は自由人が多いって聞いたんだけど。

ここからは、縛られるのが嫌いな人の特徴や心理について調査してみましたので、ご覧ください。

縛られるのが嫌いな人の特徴は?

上手くお付き合いをしていくには、お互いが合わせる必要があります。

そのためには、束縛されるのが嫌いな人の特徴を理解することが大切ですね。

特徴を知ることで、最悪な事態を避けることができますよ。

では、縛られるのが嫌いな人の特徴や心理について見ていきましょう。

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理①自由人

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理1つ目は、自由人なところがあります。

自由人は自分の思うままに生きている人で、極端に束縛嫌いと感じる人が多いでしょう。

特に行動の制限をされると、どうして束縛されないといけないのかと反発してしまいます。

 

ある程度自由にさせつつ、女性と二人きりで会うのはやめて欲しいなど二人で話し合ってみるといいかもしれません。

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理②人に合わせるのが苦手

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理2つ目は、マイペースなところがあります。

自分のペースで物事に取り組みたい彼氏に、逐一連絡してほしいなど言っても面倒と感じるでしょう。

彼氏がマイペースに考えているのが、楽観的に見えてつい口を出してしまうのよ

 

時にはちゃんと考えてるの?と心配になりますが、彼女から口を出されるとペースが乱れると感じるようです。

彼氏からの連絡の頻度や、タイミングにあなたが慣れる方がいいかもしれません。

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理③自分の時間が大事

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理3つ目は、自分の時間を大切と思っているところです。

彼女と会うのは楽しいけれど、自分の時間も同じくらい大切と感じているようです。

いくら好きでも限度があるわよね

 

彼女がいても同性の友達と遊んだり、趣味に没頭したりする時間も大切ですよね。

一人の時間をしっかり楽しんで、自立している人という理解をしてあげると良さそうです。

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理④忙しい

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理4つ目は、仕事が忙しいというところです。

仕事で忙しいのに、プライベートでも束縛されてしまうと息抜きの時間がありません

男性に限らず、息抜きは大切ですよね。

 

また、単純に仕事が忙しいと逐一連絡する時間もありません

仕事を頑張る彼氏を邪魔しないようにしましょう。

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理⑤束縛するのが嫌い

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理5つ目は、自分自身が、女性を束縛するのが嫌いというところです。

自分がされて嫌なことを人にしないという考えのようです。

彼氏の優しさも感じるわね

 

人の気持ちをしっかり考えられる人なので、浮気など過度に心配せず信用してみましょう

束縛せずとも、きっとあなたのことを一番に考えてくれているはずです。

束縛嫌いな男性の理由は?

男性は束縛が嫌いとよく言われていますよね。

ただ、中には束縛が嫌いじゃない人がいるのも事実です。

男性の束縛嫌いと嫌いじゃない人の違いには、意外にも「束縛の仕方の違い」が関係しているようです。

まずは、束縛嫌いな男性の理由について見ていきましょう。

束縛嫌いな男性の理由①言い方がキツイから

男性を束縛する時に特に意識していただきたいのが「言い方」です。

ただ「浮気しないで」という思いを伝えたくても、言い方の違いで嫌がられる場合とそうでない場合があります。

 

例えば同じような意味でも、以下のような言い方の違いで受け取られ方も違って来ます

  1. 浮気しないでね♡
  2. こっそり女と会ってたりしたら許さないわよ!

1番の方では、まるでおねだりをするかのような可愛らしい声で言っている姿をイメージして下さい。

2番はもうすでに決めつけ感がありますよね。

男性はいくら自由にしていても、最終的には居心地の良い場所に帰ってくるそうです。

1番と2番とでは、どちらが居心地が良いかは一目瞭然ですよね♪

男性を束縛したいのであれば、やはり言い方には十分に気をつけましょう。

束縛嫌いな男性の理由②行動を制限されるから

束縛嫌いな男性の理由として「行動を制限される」からということです。

ここに関しては男性に限らず女性にも多いのではないでしょうか。

「家を出る前や帰った時にはラインしてね」や「飲み会が断ってきてね」など、ただ普通のことのように感じるかもしれません。

しかし「こうして・ああして」というように、しっかりと行動の制限をしているわけです。

 

そういった束縛を続けていると、あなたと居ることが窮屈だと感じ、逃げたくなって浮気などに走ってしまうのです。

男性を束縛する女性は自分に自信が無いという人が多い傾向にあるので、彼の行動を把握したい気持ちが強く出てしまうかもしれません。

しかし、男性は自由を好む生き物だと言われているので、彼の行動を制限するのはやめておきましょう。

縛られるのが嫌いな人の特徴や心理について!まとめ

いかがでしたか?

今回は、縛られるのが嫌いな人の特徴や心理について詳しくご紹介いたしました。

束縛嫌いな男性の特徴に自由人な人もいますが、必ずしも自由人とは限りません

縛られるのが嫌いな人にも嫌いじゃない人にも、様々な特徴があるのね。

 

あなたの彼が束縛が嫌いな人か、嫌いじゃない人かを把握するために、縛られるのが嫌いな人の特徴を是非チェックしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました