既婚男性が本気で離婚するまでの期間!離婚しない理由や決めるまでの待ち方!

既婚男性,本気,離婚,期間, 不倫

既婚男性と独身女性が不倫関係にあると、幸せを感じる時間もある反面、「この人は本当に離婚するのかな」と不安になることがありますよね。

「妻とは離婚するつもりだから待っていてほしい…」そんな言葉だけを頼りに待ち続けていても、そう簡単に先は見えてきません。

一般的に既婚男性が本気で離婚するまでの期間ってどのくらいかかるものなの?

本気でも、最終的に離婚しないなんて事もあるの?

ここからは、既婚男性が本気で離婚するまでの期間について、まとめてご紹介していきます。

既婚男性が本気で離婚するまでの期間!

既婚男性,本気,離婚,期間,

離婚は、片方が決意したとしてもなかなか簡単にはいきませんね。

また、お互いが納得し合えなければ、裁判にまで発展してしまうことも少なくありません。

では、既婚男性が本気で離婚を決めた場合、離婚成立するまでの期間はどのくらいになるのでしょうか。

離婚までの期間①子供がいる場合

既婚男性,本気,離婚,期間,

既婚男性が本気で離婚を決めても、やはり子供がいるかいないかによって期間は全く違ってきます

親権はどちらが持つか、養育費はいくら払うかなど、二人の問題だけではなくなってくるのが現実です。

 

どんな理由で離婚するにしても子供に罪はありません。

二人の子供である以上、子供に対しての責任はしっかりとるべきでしょう。

お互いが協議して納得できない場合は調停で決める事になるので、離婚成立までの期間はかなり長くなるでしょう。

離婚までの期間②金銭的問題がある場合

既婚男性,本気,離婚,期間,

お互いに離婚しても良いと思っていたとしても、金銭的な事が理由で離婚できないパターンもあります。

離婚となると、どちらかが家を出て行かなければなりません。

新しく生活を始めるための資金や生活費が無ければ、当然直ぐの事には至らないですよね。

 

もちろん離婚してまで不倫相手と一緒になるのであれば、例え不倫関係が発覚していなくても、ある程度まとまった金額を慰謝料として用意するべきでしょう。

また、これまでの婚姻生活の中で出来た預金や借金などの問題も、夫婦で話合って解決しなければなりません。

 

離婚にはさまざまな問題があり、やはり本気で離婚しようと思っても、半年以上はかかるのが一般的ではないでしょうか。

「離婚成立後はドッと疲れがくる」と言われているのがよくわかりますね。

離婚までの期間③円満離婚する場合

既婚男性,本気,離婚,期間,

夫婦関係を続けてきたのですから、なかなかこういった円満離婚になるケースは少ないと思われます。

不倫前から別居生活をしていたら可能性はなくはないのかな?

これまでの夫婦仲が何年も前から終了していて、お互いが「そろそろ来るかな?」なんて覚悟できていた関係であれば、あり得るのかもしれません。

 

とはいえ、「離婚しよう」と申し出て、一週間などで成立するスピード離婚は難しいでしょう。

やはりここでも1ヶ月以上はかかるのではと思います。

\正しく金運UP★/

>>今すぐ
金運があるか確認

※無料でチェック※

既婚男性が本気でも離婚しない理由は?

既婚男性,本気,離婚,期間,

愛人であるあなたには「本気で離婚しようと思っている」と言いながらもなかなか離婚しない。

あなたからすれば、待ち続けていて良いのか、このまま無駄な時間だけが過ぎていくのではないかと、苦しむ日々を送る事になるでしょう。

既婚男性が本気でも離婚しないなんてこともあるの?

じつはそういったケースは多く存在しています

では、一体どんな事でそういった結果になるのか、見ていきましょう。

離婚しない理由①子供のため

既婚男性,本気,離婚,期間,

本気で離婚でも離婚しない原因として一番に出てくるのが「子供のため」という理由です。

やはり、夫婦同士は離婚すれば他人ですが、子供は永遠に子供です。

片親になってしまうことで、子供のこれまでの環境全てが変わってしまいます。

子供への愛情が強ければ強いほど、子供のためと我慢する親が少なくありません。

 

じゃあなぜ浮気なんかするのよ」と言いたくなるものですが、もちろん愛人であるあなたのことは愛しているのです。

しかし、女性への愛情と子供への愛情は全く違うものであり、比較することも難しいものなのです。

 

日常から子供嫌いだったりする父親であれば、そういった問題は出てこないかもしれませんが、そんな男性であれば、あなたとの未来も同じ結末となる可能性もありますよね。

離婚するといったものの結局直ぐには離婚せず、「子供が成人になるまで」と割り切るパターンもあるということは覚悟する必要があります。

離婚しない理由②身内家族との関係

既婚男性,本気,離婚,期間,

夫婦になると、夫側・妻側の親族も家族となります。

お正月には揃って食事したり、子供同士が仲良しだったりと、さまざまな関係があります。

交流が深ければ深いほど、離婚を言い出すと周りからの反対の声も多くなります。

 

また、男性の中には「これまで自分を育ててくれた母親には心配をかけたくない」という方が多いです。

自身の母親とお嫁さんの関係が良好であればあるほど、離婚話がスムーズにいく可能性も低くなります。

「離婚する」という言葉を口にするのは簡単でも、人間関係ほど簡単にいかないものはないのです。

離婚しない理由③奥さんが拒否

既婚男性,本気,離婚,期間,

子供もおらず、家族同士の付き合いもない夫婦の場合が離婚しないとすれば、やはり奥さんが拒否しているからです。

離婚は「愛情がなくなったから」という理由で受理できるものではありません。

中には「浮気されてもいいから離婚はしない!」という女性もいます。

家族のために、愛する夫のために懸命に家庭を支えてきた奥さんであれば、余計に難しいものです。

 

それでも男性側が「絶対に離婚する!」と自宅を飛び出してでもあなたの元へ行けば話は変わってきますが、そうするとかなりのリスクがあなたに降りかかることになるでしょう。

あなたを想いやるからこそ離婚しないというケースもあるのです。

既婚男性が離婚を決めるまでの待ち方!

既婚男性,本気,離婚,期間,

既婚男性を想えば想う程、思い悩む日々を送っていることでしょう。

それでは最後に、既婚男性が離婚を決定するまでの間、あなたにできる待ち方をいくつかご紹介します。

決めるまでの待ち方①責めずに待つ

既婚男性,本気,離婚,期間,

既婚男性が本気でも、簡単にはすすめることができない離婚問題。

待っているあなたからすれば「いつになるの?」「本当は離婚する気なんかないんじゃないの?」と、彼を責めたくもなりますよね。

しかしこの行動は最もNGです。

 

既婚男性が浮気する原因は、外に癒しを求めるからだと言われています。

愛人であるあなたの存在は、既婚男性にとっての癒しです。

 

その癒しが「責め」へと変わってしまったら、あなたへの気持ちも変化してしまう可能性は高くなります。

どうしても彼のことを愛しているのであれば、離婚は簡単ではないということを理解し、責めずに彼を待つことが一番です。

決めるまでの待ち方②自分の生活スタイルを崩さない

既婚男性,本気,離婚,期間,

彼の事を考えると不安で不安でたまらなくなることもあります。

だからといって何も手につかない状態になってしまうと、あなたの人生までをも無駄にしてしまいます。

 

不倫」というものは始まった時からすでにリスクが付いてきています

それを諦めることができなくとも、やはり自分の全てを懸けてしまうのはおすすめできません。

彼の事を愛していながらも、自分の仕事や友人関係、趣味などの生活スタイルはしっかりと持つことが大切です。

あなたが自身が楽しむことで、あなた自身の魅力が更にアップすること間違いなしです。

決めるまでの待ち方③異性との関わりも作る

既婚男性,本気,離婚,期間,

既婚男性が離婚するまで待ち続けているあなたからすれば、他の男性になんて興味はないかもしれません。

しかし、彼が既婚男性である以上「離婚しない可能性」もなくはないのです。

そういった時にあなたにも異性との関わりがあれば、心の拠り所となってくれることもあります。

 

中には、自分には家族がいながらも愛人に強い嫉妬心を抱く男性もいるようです。

しかし、そこまでいうのであればある程度期間を決めてもらって、それまでに離婚できないのであればお互いに諦めるといった選択も大事だと思います。

 

あなたは男性の都合の良い女ではなく、一人の素敵な女性です。

ですから、あなた自身の人生を一番に優先して考えて行くことが重要なのです。

既婚男性が本気でも離婚するまでには期間が必要!まとめ

既婚男性,本気,離婚,期間,

いかがでしたか?

今回は、既婚男性が本気で離婚するまでの期間についてご紹介いたしました。

 

結局離婚とは、お互いが納得さえすれば明日にでもできるものです。

しかし、結婚してから現在に至るまでのさまざまな事情があればあるほど、その期間は長くなってしまいます。

逆に、「離婚するから!」といってすぐに離婚してあなたの所にやって来るような男性なら、彼との再婚は様子を見たほうが良いでしょう。

 

さまざまな問題を経て、離婚する妻への責任もきちんと請け負ってきた男性の方が、あなたに対しての責任もしっかり受けてくれるのではないでしょうか。

あなたはあなたの人生を第一に考えて、彼からの言葉を待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました