晩婚の年齢は何歳から?良かったことや妥協したことにメリットやデメリットも調査!

晩婚,年齢,何歳, 恋愛

近年増加傾向にある晩婚女性

結婚しない選択は決して悪いことではないと思う筆者ですが、実際にはどうなのでしょうか。

晩婚になる女性には特徴があるとも言われてるけど、そもそも晩婚の年齢って何歳からがそうなの?

今時は当たり前になってきてるから、晩婚の年齢が何歳からなのかわからなくなったわ!

こちらでは、晩婚の年齢は何歳からなのかをはじめ、メリットやデメリットなどについても調査してみました。

晩婚の年齢は何歳から?

今や30代で結婚というカップルもたくさんいらっしゃいますが、昔は男女問わず20代で結婚する方が多かったようです。

遥か昔は10代だったのだから、今じゃ考えられないわ!

では、30代での結婚が当たり前になっている現在、「晩婚」と言われる年齢は何歳からなのでしょうか。

調査してみたところ「〇歳!」というハッキリとした設定はないようですが、現代の結婚年齢は27歳から30歳ほどが平均的なのだそうです。

 

確かに、女性の高齢出産に該当する年齢は “35歳” とされています。

晩婚化が進んだため35歳から40代で出産されている方も増えていますが、やはりそれなりのリスクがあるとされる年齢に変わりはないようです。

う~ん、35歳までに子供を2人産もうと思えば、30歳前後までには結婚していないといけないのかな?

30代で結婚したと聞いても、「遅い」とは全く感じなくなったよね。

しかし晩婚化と言われる世の中であっても、35歳以降に独身男性・女性を探すのは20代よりも簡単ではないですよね。

やはり、晩婚と言われる年齢は30歳以降からと言えるのではないでしょうか。

晩婚で良かったことやメリットは?

「晩婚」と聞いて、良い・悪いイメージかどうかは人それぞれ。

しかし、早くに結婚した人の中ではなんと8割以上の人が「もう少し遅くても良かった」と答えているそうです。

では実際に、晩婚と言われる年齢で結婚して良かったことやメリットについて気になったので、調べてみる事にしました。

良かったやメリット①後悔がない

晩婚で良かったことやメリットとして、「後悔がない」という意見があります。

独身時代を満喫し、自分の趣味ややりたい事など「好きなことに夢中で取り組めた」ことから、思い返しても後悔が出てこないそうです。

確かに早くに結婚してしまうと自分勝手に生きるわけにもいかないので、その分諦めなければいけないことも多くありますよね。

私は早くに結婚したから「もっとああすればよかった」と思う事がいっぱい!

 

例えば自分の趣味が旅行だったとしても、一人で行く費用と家族総勢で行く費用だけでもすでに違ってきます。

子供が小さなうちはどうしても子供優先の旅行先になってしまいますよね。

また、女性であってもバリバリ働きたい方も多くいらっしゃいます。

仕事での立場もそれなりに順調な時に結婚してしまうと、特に女性は子育てや家事に追われる日々になるので、遅くに結婚する方がしっかりとやりたいことができるのは確かです。

良かったやメリット②貯金ができた

晩婚で良かったことやメリットとして、「貯金ができた」という声もあります。

若いうちの収入は低くとも、それなりのキャリアを積む年齢となればお給料も上がってきていることでしょう。

 

収入の低い時に結婚してしまうと、子育てや教育にかかる費用をそこまで貯金できていない人も多いと思うので、家計に悩みができてしまうこともあります。

ある程度のお給料をもらえるようになった30代なら、しっかり貯金を蓄えることもでき、ゆとりのある結婚生活ができるそうです。

良かったやメリット③色々な恋愛を経験できた

晩婚で良かったことやメリットとして、「色々な恋愛を経験できた」という意見がありました。

早くに結婚してしまうと、お付き合いをする相手も少なくはなってきますね。

 

とはいえ、長く付き合った末に無事結婚できたというカップルもいますので、どちらが良いとは言えません。

 

しかし「もっと色んな人とお付き合いしてみたかった」という主婦の声も実際にありますし、残念なことに夫婦として合わずに離婚に至るケースも多いのも確かです。

晩婚で結婚に至った方が、さまざまな恋愛を経験して結婚に辿りつけるのかもしれません。

良かったやメリット④旦那と喧嘩にならない

晩婚で良かったことやメリットとして、「旦那と喧嘩にならない」という意見がありました。

お互いに年齢を重ねると心にもゆとりができたり、考え方も落ち着いてきます。

すると自然と喧嘩にならないようです。

 

若いうちはお互いの考えが理解できずに、ちょっとしたことでも喧嘩になったり、余裕がなくて不安になったりもします。

また結婚が早いと旦那の浮気なども心配になるそうです。

晩婚の夫婦だとそういった心配も少なくなり、喧嘩するきっかけすら発生しなくなるそうです。

晩婚で妥協したことやデメリットは?

晩婚のメリットについてご紹介しましたが、続いては晩婚で妥協した事やデメリットについてです。

晩婚の方が幸せ」という声も多いのですが、やはり年齢が高くなるに連れ妥協しなくてはいけない事やデメリットもたくさんあります。

それは一体どんなことなのか、早速見ていきましょう。

妥協したことやデメリット①旦那が理想的でない

晩婚で妥協した事やデメリットとして、「旦那が理想的でない」という意見があります。

晩婚化とはいえ、それなりの年齢になると自分の周りの人達も次々と結婚してしまいます。

すると、気が付けば未婚の男性が少なくなり、その中から結婚相手を選ばなくてはいけない事もあります。

そうなると、自分の好みのタイプから外れていたり、収入性格面でも妥協しなくてはならないデメリットが出てきます。

 

早くに結婚すると離婚してしまうケースが多いとも言いますが、やはり自分の好みでない男性と結婚すると、後々気持ちが薄れてしまったりして離婚になる事もあるようです。

また、旦那がバツイチでかなり年上という晩婚女性もいらっしゃるようです。

やはり晩婚になると、それなりに妥協しなくてはならない部分がでてくるようです。

妥協したことやデメリット②結婚式が恥ずかしい

晩婚で妥協した事やデメリットとして、「結婚式が恥ずかしい」という意見があります。

30代後半ともなるとそれなりにお肌の悩み等も増えてくると思います。

どうしても若くて綺麗なうちに結婚式を挙げるのは違いも出てくるので、晩婚で結婚式を挙げるのが恥ずかしいという女性が多いようです。

 

晩婚夫婦の中には、家族だけでのこじんまりとした結婚式を挙げる人や写真だけという人もいるようですね。

こちらについては人それぞれで考え方次第だと思います。

結婚式だって一生に一度です。

本人たちが良いと思う方法をとることが一番なのではないでしょうか♪

妥協したことやデメリット③すぐに妊活しなくてはいけない

晩婚で妥協した事やデメリットとして、「結婚してすぐに妊活しなくてはいけなかった」という意見があります。

晩婚女性にとて一番プレッシャーを感じるのが「子供ができるかどうか」ですよね。

 

子供を望まない家庭なら問題はありませんが、お互いに結婚経験がなく子供が欲しいと思えば、一刻も早く妊活をしなくてはなりません。

結婚して夫婦の時間を楽しみたくとも、そんな余裕はないというのも仕方ないのかもしれませんね。

妥協したことやデメリット④出産のリスクが高くなる

先ほどご紹介した事と関係していますが、晩婚で妥協した事やデメリットとして、「出産のリスクが高くなる」という事です。

35歳以上が高齢出産と言われるのには、女性ホルモンが大きく関係しています。

40歳以上になると閉経に向け女性ホルモンの分泌量が大きく減少していくため、妊娠しにくくなったり、流産してしまったりといったリスクが高くなるそうです。

 

もちろんこれには全ての女性が必ずしもそうだとは限りません。

40過ぎても自然に妊娠して出産される方もいらっしゃいますし、20代でも妊娠しにくい体質で悩んでいる方も多くいます。

ただ、やはり高齢出産に対するリスクは伝えられているので、しっかりと理解しておく必要がありそうです。

妥協したことやデメリット⑤親の介護と子育てが重なる

晩婚で妥協した事やデメリットとして、「親の介護と子育てが重なる」という意見もあります。

出産してからも子育てにはかなりの体力が必要です。

疲れを感じやすくなる40代以降の子育ては、生半可ではありません。

そこへ年老いた両親の介護が重なってくると、体力の限界を感じてしまうことでしょう。

 

若いうちの結婚であれば、当然ご両親も介護とは程遠いので、子育てをサポートしてくれたりといったメリットもあるでしょう。

晩婚での子育て頼りもなく自分たちだけという夫婦が多いです。

とはいえ親の事も放っておくわけにいかないので、そういった面ではかなりのデメリットとなる可能性は十分に考えられるでしょう。

晩婚の年齢は何歳からでメリットやデメリットについて!まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、晩婚の年齢は何歳からなのかをはじめ、メリットデメリットなどについても調査してみました。

晩婚と言われる年齢は何歳というハッキリした年齢はありませんでした。

ですが、やはりデメリットが増えてくる35歳以降の結婚は「晩婚」に当てはまると言えるでしょう。

 

それぞれ良かったことや妥協しなくてはならない事もありますが、人生は一度きりです。

自分が決めた自分の人生ですから、思うままに生きられることほど幸せなことはないのかもしれません。

若くして結婚しても晩婚であっても、パートナーとしっかり強力して人生を歩むことが「結婚」の幸せと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました